製品情報

誘導体化試薬

蛍光試薬

蛍光検出法は、吸光検出法に比べて高感度で分析できること、選択性が高いことなどの特長があります。しかし全ての化学物質が自然蛍光を有するわけではないので、蛍光試薬を用い化学反応にて蛍光誘導体にして分析します。

品名
分子量
対象試薬
容量入数Cat.No.価格
BR-MmC269.10MWカルボン酸1g1本5040-2210923,000
NBD Chloride199.55MWチオール、アミン(1、2級)1g1本5040-2210811,000
Dansylchloride269.75MWアミン(1、2級)、フェノール1g1本5040-2210214,000
Dansylhydrazine256.33MWアルデヒド1g1本5040-2210314,000
o-Phthalaldehyde (OPA)134.13MW1級アミン1g1本5040-220026,100
Fluorescamine278.27MW1級アミン100mg1本5040-2200316,000
Fluorescein isothiocyanate389.38MWアミン(1、2級)100mg1本5040-221077,700
o-Aminothiophenol125.19MWカルボニル25mL1本5040-221057,700
螢光試薬4点キット各1g1セット5040-2210447,000