製品情報

陽・陰イオン分析用イオン対試薬

陽・陰イオン分析用イオン対試薬

イオン対クロマトグラフィー (IPC)

陽イオン分析用イオン対試薬の保持メカニズム

陽イオン分析用イオン対試薬の保持メカニズム

イオン対試薬による保持向上の原理

イオン対試薬は逆相分配クロマトグラフィーにおいて、保持の弱いイオン性化合物の保持の向上を目的として使用します。
例えば左図のように、分析対象が塩基性化合物である場合、アルキルスルホン酸などの陽イオン分析用イオン対試薬を用います。 目的化合物と異符号の官能基が引き合うことでイオン対が形成され、溶離液中での解離が抑制されます。 さらに、イオン対試薬にはアルキル基が結合されているため脂溶性が高くなり、逆相カラムなどへの保持が増大します。

効果的なイオン対の形成

イオン対試薬は、陽イオン用イオン対試薬 (IPCC)、陰イオン用イオン対試薬 (IPCA) ともに強イオン性なため、pHに関わらず解離した状態です。 この試薬に対して効果的にイオン対を形成させるために、溶離液を目的化合物が全解離するようなpHに調整します。
例えば、目的化合物が弱酸性であれば溶離液を中性にして、IPCA試薬を添加します。目的化合物が弱塩基性であれば、溶離液を酸性側にしてIPCC試薬を添加します。 一方、目的化合物が強イオン性であれば、溶離液のpHに関わらず安定したイオン対を形成します。

陽イオン分析用イオン対試薬

品名容量型式分子量SDS入数Cat.No.価格
1-Propanesulfonate Na5gIPCC-03146.141本5040-310418,000
1-Butanesulfonate Na5gIPCC-04160.161本5040-310425,500
1-Pentanesulfonate Na5gIPCC-05174.12JPN1本5040-310016,300
1-Hexanesulfonate Na5gIPCC-06188.221本5040-310026,700
1-Heptanesulfonate Na5gIPCC-07202.261本5040-310035,900
1-Octanesulfonate Na5gIPCC-08216.28JPNENG1本5040-310046,700
1-Nonanesulfonate Na5gIPCC-09230.31本5040-310436,300
1-Decanesulfonate Na5gIPCC-10244.321本5040-310445,500
1-Undecanesulfonate Na5gIPCC-11258.351本5040-310457,400
1-Dodecanesulfonate Na5gIPCC-12272.381本5040-310058,900
1-Tridecanesulfonate Na5gIPCC-13286.41本5040-310468,400
2-Naphthalenesulfonate5gIPCC-NP230.221本5040-310086,300
1-Propanesulfonate Na25gIPCC-03146.141本5040-3114125,000
1-Butanesulfonate Na25gIPCC-04160.161本5040-3114225,000
1-Pentanesulfonate Na25gIPCC-05174.121本5040-3110125,000
1-Hexanesulfonate Na25gIPCC-06188.221本5040-3110226,000
1-Heptanesulfonate Na25gIPCC-07202.261本5040-3110323,000
1-Octanesulfonate Na25gIPCC-08216.28JPNENG1本5040-3110425,000
1-Nonanesulfonate Na25gIPCC-09230.31本5040-3114325,000
1-Decanesulfonate Na25gIPCC-10244.321本5040-3114422,000
1-Undecanesulfonate Na25gIPCC-11258.351本5040-3114535,000
1-Dodecanesulfonate Na25gIPCC-12272.381本5040-3110534,000
1-Dodecylsulfate Na25gIPCC-12A288.381本5040-310063,700
1-Tridecanesulfonate Na25gIPCC-13286.41本5040-3114638,000
2-Naphthalenesulfonate Na25gIPCC-NP230.221本5040-3111421,000

陰イオン分析用イオン対試薬

品名容量型式分子量SDS入数Cat.No.価格
Tetraethyl Ammonium Hydroxide10mLIPCA-02147.261本5040-315004,400
Tetra-n-butylammonium Hydroxide10mLIPCA-03H259.471本5040-315016,100
Tetra-n-butylammonium Phosphate10mLIPCA-03P-JPN1本5040-315025,000
Trihexyl Amine25mLIPCA-06269.511本5040-3151016,000
Triheptyl Amine25mLIPCA-07311.591本5040-3151119,000
Tri-n-octyl Amine25mLIPCA-08353.671本5040-315128,400
Tetaethyl Ammonium Hydroxide25mLIPCA-02147.261本5040-316008,800
Tetra-n-butylammonium Hydroxide25mLIPCA-03H259.471本5040-3160113,000
Tetra-n-butylammonium Phosphate25mLIPCA-03P-1本5040-316029,500
Trihexyl Amine100mLIPCA-06269.511本5040-3161053,000
Triheptyl Amine100mLIPCA-07311.591本5040-3161161,000

使用上の注意 
1.シリカゲル母体のカラムを使用する場合、カラムの推奨使用pH範囲に注意してください。
2.アセトニトリル/水系溶離液の場合、分子量の大きなIPC試薬は溶けにくくなりますので注意してください。
3.IPCA-02、IPCA-03Hは水溶液です。 それぞれ12.5mL、7.35mLを1Lに希釈すると濃度が約5mMになります。

LC/MS用陽イオン分析イオン対試薬

品名容量型式形状直鎖炭素数SDS入数Cat.No.価格
LC/MS用陽イオン分析イオン対試薬1gIPCC-MS-3液体C3JPNENG1本5040-317003,700
LC/MS用陽イオン分析イオン対試薬1gIPCC-MS-7固体C7JPN1本5040-317053,700
LC/MS用陽イオン分析イオン対試薬5gIPCC-MS-3液体C3JPNENG1本5040-317019,500
LC/MS用陽イオン分析イオン対試薬5gIPCC-MS-7固体C7JPN1本5040-317069,500

使用上の注意 
1.IPCC-MS3は液体で水溶性です。目安として0.1%に調製して使用してください。
2.IPCC-MS7は固体で難水溶性(水には0.4g/500mL程度まで溶解)です。有機溶媒に溶かして水で希釈し、目安として1g/500mLで使用してください。