製品情報

標準試薬

脂肪酸分析用メチルエステル化試薬

脂肪酸メチルエステル化試薬

脂肪酸のガスクロマトグラフィー(GC)分析では、ピークのテーリングの防止や脂肪酸の揮発性を高めるためにエステル化の後に分析を行うことが一般的です。しかし、従来のエステル化法では特殊な装置を用いたり、熟練した操作を必要としました。本法では、簡便で安全な反応系と精製法を組み合わせることによって、誰にでも簡単に脂肪酸のメチルエステル化が可能となります。

脂肪酸メチル化キット

特長

・ 試料中の全構成脂肪酸(スフィンゴ脂質を除く)をメチル化
・ 温和な反応温度(37 ℃)
・ 精密分析に最適
・ 簡便な操作

分析対象

分析対象_図

・ グリセリド(トリグリセリド,ジグリセリド,モノグリセリド,
レシチンなどのグリセロ脂質)
・ 遊離脂肪酸
・ ステロールエステル 
 (注)スフィンゴ脂質には適用できません。

反応機構

メチル化試薬Bによる反応

●メチル化試薬Bによる反応

●メチル化試薬Cによる反応

●メチル化試薬Cによる反応

品名規格P/NCat.No.価格
脂肪酸メチル化キット(100回用)SP06482-041021-10134
NEW
33,000
メチル化脂肪酸精製キット(50回用)SP06483-941021-10135
NEW
33,000

脂肪酸メチル化キット(グリセリド用)

特長

・ 試料中のグリセリドの脂肪酸をメチル化
・ 室温(加熱装置不要)、短時間(撹拌3 秒、 静置10 秒)で反応
・ 簡易分析に最適
・ 加熱しないため揮発性の短鎖脂肪酸にも適用可能
・ 簡便な操作

分析対象

脂肪酸メチル化キット(グリセリド用)

・グリセリド(トリグリセリド、ジグリセリド、モノグリセリド、レシチンなどのグリセロ脂質)
注)遊離脂肪酸、ステロールエステル、スフィンゴ脂質には適用できません。本キットは、グリセリドの脂肪酸組成の測定に適した製品です。

反応機構

メチル化試薬による反応

品名規格P/NCat.No.価格
脂肪酸メチル化キット・グリセリド用(100回用)SP13246-841921-19136
NEW
30,000

本キットは、経済産業省平成16 年度地域新生コンソーシアム研究開発事業「ポストゲノム解析を簡便にする生体試料精密分画キットの開発」の成果に基づき製造されています。また、月桂冠株式会社が公益財団法人 京都高度技術研究所 京都バイオ計測センター 市原先生との共同研究により特許を取得し、ナカライテスク株式会社が許諾を得て製造しています。[ 特許第4942380 号]