分野別ソリューション

プロテオミクス

近年プロテオミクス関連の研究が急速に発展し、タンパク質同定やバイオマーカー探索、定量まで、さまざまな目的で用いられており、正確で再現性の高い結果が必要とされています。ジーエルサイエンスでは、プロテオミクスのワークフローに合わせた前処理から分析までの製品をご提案します。

一般的なプロテオミクスのワークフロー

各行程の詳細は、以下を参照してください。

細胞・組織・血液など

抽出

タンパク質

消化

ペプチド

リン酸化ペプチド濃縮

分画

脱塩

分析

 

試料の吸着や感度低下を抑えるために

LC/MS/MSなどの測定機器の高感度化に伴い、試料を入れる容器への吸着が大きな問題になってきました。また、リン酸基などの金属配位性を有する化合物の場合、分析カラムへの吸着により感度が低下している可能性もあります。 ジーエルサイエンスでは吸着を抑えたバイアル、メタルフリーカラムなどを用意しています。

 

製品プロトコル例