分野別ソリューション

金属、鉱業

金属・鉱業の分野では、鉄、銅、亜鉛、アルミニウム、貴金属、レアメタルなどの精錬事業における品質管理において、原材料中の主成分分析と同時に、主成分中の極微量の不純物元素の分析技術が求められています。ジーエルサイエンスでは、金属元素に特異的な選択性を有する各種分離剤を用いたクロマトグラフィーの技術をこれら微量成分の分離・濃縮分析に提供しています。

 

ソリューション


上記のソリューションの他に、無機分析に関する各種情報をPDFでアップしているサイトを用意しています。

 

標準試薬

Certificate of Analysis例

ジーエルサイエンスでは、SCP サイエンス社の各種元素分析用の標準試薬、混合試薬を提供しています。単元素標準試薬のCertifi cate of Analysis では、Expiration Date、NIST SRM(Standard Reterence Material)に対してトレーサブルであることを保証している旨などを記載しています。

 

酸分解

原子吸光(AAS)、ICP 発光分析、ICP 質量分析、蛍光X線分析装置を用いて元素分析を行う場合、試料の形態、分析対象装置に応じて適切な前処理方法が必要となります。一般的な、有機物を含む固形試料は、酸を用いて湿式分解を行います。湿式分解は、開放系の酸分解システムや、密閉系のマイクロ波自動密閉分解装置を用いて行われます。

酸分解システムDigiPREPシリーズ

 
酸分解専用のホットプレート型システムです。用途に応じて平板タイプ(HP)とブロックタイプ(Jr.、MS、LS)を用意しています。ブロックタイプは、15 mL、50 mL、100 mL のDigiTUBEs に対応したシステムをラインアップしているため、試料の量に応じたシステムを選択できます。


ディスポーザブル分解容器 DigiTUBEs

 
DigiPREPシリーズで使用できる、試料計量、試薬添加、酸分解、定容操作に用いる使い捨て高純度ポリプロピレン製容器です。本容器について、試供品提供サービスを行なっています。ご希望のお客様は、下記のお申込みフォームよりご連絡ください。

 

耐酸性プログラム昇温高温加熱分解システム MetaPREP AT2

 
MetaPREP AT2は、最高加熱温度230 ℃まで加熱できるため、効率の良い酸分解が行えるシステムです。DigiTUBEsやMetaTUBE PTFEに対応しています。

特長
・フッ素樹脂コーティングのグラファイトブロックを採用
・100 Vの電源で最高加熱温度230 ℃を実現
・コントローラー部が独立しているため、ドラフト外に設置可能

 

自動マイクロ波試料分解システム NovaWAVE SA

 
革新的な安全性とハイスループットを備えた自動マイクロ波試料分解システムです。

特長
・圧力と温度コントロールによる安全機構
・石英またはPFA分解容器が利用可能
・異なるサンプルも同時に分解可能

Introduce of NovaWAVE FA

 

分離剤

原子吸光分析、ICP 発光分析、ICP 質量分析、蛍光X 線分析などでは、全元素分析を行うことができますが、価数別形態分析、有機形態と無機形態の分離検出を行うことができません。分離剤をこれらの検出手法の前処理として導入すれば高感度検出器との組み合わせにより、多彩な形態別分離分析が行えるようになります。

高選択制無機分離剤 MetaSEP AnaLig

分子認識技術を導入した、高選択性元素分離用樹脂 MetaSEP AnaLig シリーズは、元素イオンを認識し、分離・精製することが可能な特殊化学製品です。用途に応じて、10 g 入りのパッケージ、500 mg 充填カートリッジ、1 g充填カートリッジを用意しています。その他、用途に応じてHPLC カラムフォーマット、フローインジェクション分析システム(FIA) のオンライン前処理用ミニカラムの充填剤として利用することができます。

 

自動化装置

耐酸性全自動試料調製装置EasyPREP Sample Handler

 
耐酸性全自動試料調製装置 EasyPREP は、酸分解システム DigiPREPや自動マイクロ波試料分解システム NovaWAVEのチューブラックがそのままステージ上に配置でき、酸の分注、内部標準物質の添加、分解後の自動希釈、定容操作を自動で行える装置です。セットしたチューブに対し自動で液面の高さを認識し、設定した液量にメスアップできます。サンプル量が多いユーザーだけでなく、酸を分注する作業を自動化することで作業者の健康被害を軽減し、効率化を図ります。



凍結粉砕機 Freezer/mill 6775・6875

 
Freezer/Mill 6775(小型)、6875(大型)は液体窒素でサンプルを凍結させて粉砕を行うため、常温では粉砕が難しい、樹脂、プラスチック、ゴム、生体試料等の試料調製に便利です。ポリカーボネイト筒にサンプルを入れ容器ごと冷却するためサンプルが液体窒素と直接触れることはありません。