会社情報

経営理念・企業行動指針・社長メッセージ

ジーエルサイエンスグループ経営理念

ジーエルサイエンスグループの社員は『創立の根本精神及経営理念』を基とし、真に社会性のある企業への成長をめざします。

具体的には、「社会に対し社会性を十分発揮してその存在価値を高め、社員個々の幸福を勝ち取り、企業の維持、発展をならしめ、そこから得られた技術や利益を株主、社員、社会に公正に分配する」ことを基本理念とし、創立以来の永久スローガン【道は一つ、共に進もう】を合言葉に行動します。


ジーエルサイエンスグループ企業行動方針

ジーエルサイエンスグループの社員は次の指針の下、行動します。

1.お客様からの信頼の獲得

顧客満足を第一と考え、常にお客様のニーズに見合う製品・サービスの開発・生産・提供に努めてその安全性・品質を確保し、信頼を獲得します。

2.基本的人権の尊重

一人ひとりの人権を尊重し、国内外を問わず、性別、年齢、国籍、人種、民族、宗教、信条、社会的身分、障害の有無などによる差別的取扱や言動は一切行いません。

3.倫理的行動の実践による法令および企業倫理の遵守

常に高い倫理観と良識を持って行動し、国内外を問わず、法令、社会規範、会社の諸規程および企業倫理を遵守し、いかなる場合もこれらに違反しません。

4.公正・誠実な取引の実施

同業他社とは自由で健全な競争を行い、仕入先およびお客様とは公正・誠実な取引を行います。また、知的財産権の創造・保護・活用を推進するとともに他者の権利を侵害しないよう留意します。併せて、個人情報・顧客情報の厳重な保護・管理を徹底します。

5.反社会的勢力との決別

市民活動の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは断固として対決し、関係遮断を徹底します。

6.環境問題への取り組み

地球環境問題を人類共通の課題と捉え、環境リスクと真摯に向き合い循環型社会の形成のため、主体的・積極的に行動します。事業活動遂行にあたり、省エネを積極的に推進することはもとより、最重要ミッションとして環境適合性の高い製品の開発・生産・提供を継続・推進します。

7.企業情報の開示

株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示します。


社長メッセージ

取締役社長 長見 善博

当社は、「社会に対し社会性を十分発揮してその存在価値を高め、社員個々の幸福を勝ち取り、企業の維持、発展をならしめること」を基本理念として、これまで活動を続けてまいりました。そこから得られた技術や利益を株主、社員、社会に公正に分配し、そして会社の事業内容を充実させ発展させることが最大の社会性を意味すると考えております。

この基本理念を実現していくために、当社では創立以来毎期、付加価値経営計画のすべてを社員に発表してまいりました。この計画に対する社員個々の意識の高まりが、互いの信頼感を強くし、個々の能力を充分に活かすことで、計画達成という一つの目的に邁進することができたと確信しております。

これからも、「道は一つ、共に進もう」という当社のスローガンの下、付加価値経営を躍進の原動力に、真に社会性のある企業への成長をめざしてまいります。