分野別ソリューション

バイオ医薬品

ジーエルサイエンスからのご提案

バイオ医薬品(抗体・核酸医薬等)は、低分子医薬品よりも対象物質に対しての特異性が高く、副作用も小さいことが期待されています。
ジーエルサイエンスは、バイオ医薬品の精製、分析に対して、独自の分離剤を用いた特色のある製品をラインナップしております。

抗体精製の高回収率テクニック

貴重な抗体サンプルの精製において、回収率に不安はありませんか?
貴重なサンプルをロスしたくないアナタへ

他社製品では、400 µL以上の溶出液量を必要とするため、回収液は希釈されてしまい、回収率も70 %以下です。MonoSpin ProAでは、100 µLの溶出液量においても高回収率を可能にしました。

抗体前処理用カラムMonoSpin Proカタログのご紹介

Mono Spin Proの画像

MonoSpin ProA、MonoSpin ProG、MonoSpin ProLは、抗体精製用のシリカモノリスカラムです。
硬質ゲルにアフィニティリガンド(Protein A、Protein G、Protein L)を結合させているので通液速度が上げられ、迅速に試料中の抗体を回収、精製することが可能です。

インタクトタンパク質分析へのアプローチ

タンパク質のインタクト分析において、ピーク形状にお困りになったことはありませんか。

高分子量であるタンパク質の分離および分析には、一般的にポア径の大きいカラムを使用しますが、シャープなピークが得られない場合があります。MonoSelect RP-mAbは、60nmの巨大な細孔を有する分離カラムのため、抗体などの高分子タンパク質をシャープに分離することができます。

他社製品とMonoSelect RP-mAbの比較

抗体分析用逆相HPLCカラム MonoSelect RP-mAb のご紹介

代表的な分析事例

ナノ粒子製剤封入率の簡便評価メソッド

ナノ粒子製剤の封入率の評価メソッドをより簡便にしませんか?

ナノ粒子製剤封入率の簡便評価メソッド

超遠心分離法を用いた方法と比べて、短時間で封入率が測定できるため、製剤の製造方法の検討段階における工程内管理(In-Process Contorol)にも適しています。また、希釈工程や上澄みを分取する工程などを省くことができ、ヒューマンエラーを低減できます。

分析例

分析例

参考文献
E. Yamamoto, et. al., Int. J. Pharmaceut., 536, 21-28 (2018)

代表的な分析事例

学会発表資料

学会発表資料の画像

近年、Fab型抗体やscFv等の低分子抗体は、次世代抗体医薬品や診断薬を開発するためのツールとして注目されている。一方で、これらの低分子抗体を選択的に高速・微量処理することが難しいとされている。

本報告では、低分子抗体精製用として開発したMonoSpin ProLにおける吸着、回収条件について検討しています。
資料もダウンロードいただけます。

関連情報

LT172 MonoSpinを用いたs-AB誘導体化糖鎖の精製

LT172 MonoSpinを用いたs-AB誘導体化糖鎖の精製

糖鎖を分析する際には、蛍光誘導体化してからHPLCで測定する方法が多く用いられます。誘導体化反応を行った直後の溶液には未反応の誘導体化試薬が大量に残存していますが、HPLCに注入する前に固相抽出を行うことで未反応試薬のみを除去することができます。
本実験では、スピン型の固相カラムであるMonoSpinを使用して、2-アミノベンズアミド(2-Aminobenzamide, 2-AB)で誘導体化した糖鎖を未反応試薬と分離しています。MonoSpin AmideとMonoSpin NH2の2種類で評価を行い、両者とも三糖以上の糖鎖を回収することができました。

お問合せ

ご注文・お見積り・在庫・修理に関するお問い合わせは、最寄りの営業部・支店・営業所までお問い合わせください。また、製品の仕様やアプリケーション等に関するご質問は、お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。