分野別ソリューション

香粧品

生活の必需品である化粧品や医薬部外品、トイレタリー製品は、消費者保護のための安全性検査や品質管理、配合成分の分析等が必要です。それらの確認には、クロマトグラフィーなどの分析手法が用いられています。「この化粧品の成分の分析方法は?」「香り成分の捕集の仕方は?」「分析例が見つからない!」など、お困りになったご経験はございませんか?ジーエルサイエンスの知見から適切なソリューションのご紹介します。

 

ソリューション

アプリケーション

アプリケーションタイトル リンク
化粧品中のグリチルレチン酸ステアリルの分析 LT189
化粧品中の紫外線吸収剤の分析 LT163
ボディーソープ香気成分の簡易濃縮分析 GT014
着用後のシャツ揮発成分の濃縮分析
GT096
市販コロンの香気成分分析 GT107

 

香気成分捕集

香気成分の捕集ツールとして、ジーエルサイエンスではMonoTrapシリーズを提供しています。MonoTrapは、連続孔(スルーポア)を有する表面積の大きいシリカモノリスを基材としています。液体からの香気成分捕集、物からの香気成分捕集など、色々なシーンで香気成分の捕集剤として利用できます。捕集後は、香気成分を溶媒抽出または加熱脱離の方法分離します。

 

MonoTrapシリーズ

MonoTrapシリーズは、7種類の製品があります。溶媒抽出用の4製品として、シリカモノリスにC18を結合させたディスクおよびロッドタイプがあり、さらに吸着性を向上させるために、活性炭を混合させた製品のディスクおよびロッドタイプ。加熱脱離用の3製品として、シリカモノリスにC18を結合させたタイプ、グラファイトカーボンを混合させたタイプ、PDMSを混合させたタイプをラインアップしています。
対象化合物により、最適なMonoTrapを選択できます。また、どのMonoTrapが最適かを調べるために、MonoTrapトライアルキットを用意しています。

注)MonoTrapの上手な使い方は、フォームに入力するとPDFがダウンロードされます。

分析関連製品

試料導入 ポータブル・サーマル・ディソーバー HandyTD TD265

微量成分の高感度分析が求められる場合は、一度に多くの試料を注入できる加熱脱離の試料導入が有効です。しかし、従来の加熱脱離装置は大型で、限られたGCを占有してしまい、さらに操作も複雑でした。HandyTD TD265は、これらの問題を解決することができます。各社のGCに使用可能です。

サンプリングから試料導入まで

 

におい嗅ぎ GC/O

GC/O(Gas Chromatography / Olfactometry)は、GCカラムの出口を分岐し、一方をFIDやMSなどの検出器に接続して成分分析を行い、同時にもう一方をオペレーターが鼻でにおいを嗅ぐ手法です。においには、閾値が低い成分が多く存在し、GCでは検出できないような低濃度でも、ヒトの鼻では感じることができます。したがって、香料をはじめ、食品・飲料のにおい分析においても、GC(機器分析)と鼻(官能評価)の情報を組み合わせた評価が重要となります。

におい嗅ぎ装置 スニッフィングポート OP275 ProⅡ

スニッフィングポートには、最新の不活性処理技術を応用したトランスファーラインを採用しています。高沸点成分や吸着成分でもにおい残りがなく、またターゲット物質をロスすることなく確実に得ることができるため、高い精度での評価が可能です。
OP275 ProⅡは、トランスファーラインの温度をGCオーブン同様に昇温できる機能を追加した新しいスニッフィングポートです。この昇温機能により、スプリット比(スニッフィング側流量/検出器側流量)がGCオーブン温度に関わらず常に一定となり、実際に即したクロマトグラムが得られます。鼻の熱ストレスや分析種の熱劣化が抑制されるので、より高精度・高感度なにおい嗅ぎを行うことが可能になります。各社のGCに取り付けが可能です。