技術情報

ガスクロマトグラフィー(GC)の基礎

Ⅲ章-4 直接(ダイレクト)注入法

注入口で気化した試料はすべてカラムに導入されます。内径が0.53mm以上のカラムを使用し、カラム内でのバンド幅が広がらないように、キャリヤーガスを測定可能な範囲で多めに流すことが必要です。