技術情報

ガスクロマトグラフィー(GC)の基礎

Ⅱ章-3 分析に影響するその他のファクター

次に、分析に影響を与えるファクターとして、カラム以外にはどのようなものがあるのかを以下に示します。

Ⅱ章-3-1 キャリヤーガスの種類

キャピラリーカラムで使用されるキャリヤーガスとしては、窒素、水素、ヘリウムなどが挙げられます。窒素は、価格も安く安全なガスですが、最適線速度が遅いため、分析時間がかかることと最適流速域が狭いという欠点を持っています。水素は・安価で広い最適流速域をもつため、理想的なキャリヤーガスと言えますが、安全面で多少問題が残ります。一般的には、高価ですが安全で比較的広 い最適流速域を持つヘリウムが使用されています。

  • 窒素:安価で安全だが、最適線速度がかなり遅いため分析時間がかかり、最適流速域も狭い。
  • 水素:安価で最適流速域が広いが、安全性の面で問題が残る。
  • ヘリウム:高価だが最適流速域が広く、安定性が高い

Ⅱ章-3-2 キャリヤーガスの流速

キャピラリーカラムの分析においてキャリヤーガスの流速は重要です。流速が速ければ速いほど分析時間は短くなりますが、良い分離を得るためには、最適流速で分析する必要があります。キャリヤーガスの種類、カラムの内径、カラムの長さによって最適流速は異なります。
下図は、キャリヤーガスにヘリウムを使用したときのカラムの内径の違いによる最適流速域の変化、および長さの違いによる最適流速域の変化を表しています。内径の小さいものほど広い範囲に渡って低いHETPが得られているのが分かります。
また、カラムの長さが短いほど広い最適流速域を持っていることが分かります。

Ⅱ章-3-3 カラムの温度

カラム温度を高くすることにより、保持比は小さくなり、分析時間が短くなります。
カラム温度の設定には、等温法と昇温法があります。
等温法は、比較的成分数が少ない場合に用います。一定温度で分析するので、前の分析終了後、すぐに次の試料を導入することができます。またベースラインのブリードによる上昇もありません。しかし、低沸点成分から高沸点成分までを分析する場合、それぞれの成分が溶出する温度に大きな差があるために一斉分析が困難となります。このような場合は昇温法で分析することにより、低沸点成分から高沸点成分まで良好なピークを得ることができます。昇温法とは、低温から高温まで上昇させながら行う分析法です。昇温法では、同族列の化合物の溶出順序は変わりませんが、多成分混合試料では溶出順序が変わることがありますので注意が必要です。

 

分析事例やノウハウを多数ご用意しています