技術情報

ガスクロマトグラフィー(GC)の基礎

Ⅲ章-2 スプリット注入法

キャピラリーカラムの分離能を最大限に発揮するためには、試料注入時の試料の拡散を防ぐため、なるべく短い時間でカラムに導入する必要があります。また、高濃度の成分を測定する際に、注入した全量をカラムに導入すると試料負荷量を超えてしまうためにピーク形状が悪くなり、分離能も損なわれてしまいます。これらを改善する注入方法が、注入した一部をカラムに導入し、残りを系外に追い出すスプリット注入法です。このスプリット注入法が確立されたことにより、キャピラリーカラムの性能を充分に発揮できるようになりました。