製品情報

コアシェルカラム

InertCore Plus C18

InertCore Plus C18は、非常に優れた性能を持ったコアシェル(表面多孔質型)カラムです。
全多孔質型の sub 2 μm カラムに匹敵する分離能を有しながら比較的低い圧力で使用でき、汎用HPLCやUHPLC、LC/MSなどの様々な装置環境において分離性能や利便性の向上に貢献します。
充填剤の製造を含めた全工程を自社で行い、厳しい出荷基準を設けているため、従来の市販コアシェルカラムで問題となりやすかったロット間の再現性に優れ、バリデーションが求められる分析においても安心してお使いいただけるカラムです。

仕様

母体 コアシェル型シリカゲル 化学結合基 オクタデシル基
粒子径 2.6µm エンドキャップ あり
コア径 2.0µm 炭素量 15%
表面積 200m2/g USPコード L1
細孔径 90Å 推奨使用pH範囲 1 ~ 10
    耐圧 100MPa(内径2.1 mm)
60 MPa (内径3.0 mm, 内径4.6 mm)

特徴

  
・優れた再現性/安定した品質
・高い耐久性
・高理論段数を実現
・低圧力


高理論段数を実現するコアシェルテクノロジー

測定対象化合物の分子は、カラム内にある充填剤粒子の細孔内を通過します。コアシェル粒子の場合、通常の全多孔性粒子とは違い、 粒子内部に無孔質のコアが存在し、細孔内での拡散がそれほど起こりません。
そのため、コアシェルカラムを使用した場合、測定対象化合物がカラムから溶出する時点における分子の分布が狭くなり、より高い理論段数が得られます。

他社製品との比較

InertCore Plus C18は、シリカ製造から検査まで徹底した品質管理を自社で一貫して行っているため、シェル層が均一に形成されており、優れた再現性を実現します。

コアシェルカラムの理論段数と圧力は、主にコアシェル粒子の大きさ(粒子径)と、多孔性シリカの層(シェル層)の厚みによって決まります。
InertCore Plus C18は、優れた分離性能が得られるように、シェル層の厚みを最適化したコアシェル粒子を使用しています。

InertCore Plus C18 分析カラム

品名粒子径
内径
長さ
入数Cat.No.価格
InertCore Plus C18 分析カラム2.6µm2.1mm50mm1本5020-1751064,000
InertCore Plus C18 分析カラム2.6µm2.1mm100mm1本5020-1751171,000
InertCore Plus C18 分析カラム2.6µm2.1mm150mm1本5020-1751276,000
InertCore Plus C18 分析カラム2.6µm3.0mm50mm1本5020-1751564,000
InertCore Plus C18 分析カラム2.6µm3.0mm100mm1本5020-1751671,000
InertCore Plus C18 分析カラム2.6µm3.0mm150mm1本5020-1751776,000
InertCore Plus C18 分析カラム2.6µm4.6mm50mm1本5020-1752064,000
InertCore Plus C18 分析カラム2.6µm4.6mm100mm1本5020-1752171,000
InertCore Plus C18 分析カラム2.6µm4.6mm150mm1本5020-1752276,000

注)ジョイント形式は、パーカー型(UPタイプ)です。

InertCore Plus C18 ガードカラム

品名粒子径内径長さ入数Cat.No.価格
InertCore Plus C18 ガードカラム2.6µm2.1mm20mm1本5020-1750632,000
InertCore Plus C18 ガードカラム2.6µm3.0mm20mm1本5020-1750732,000
InertCore Plus C18 ガードカラム2.6µm4.6mm20mm1本5020-1750832,000

注)ジョイント形式は、パーカー型(UPタイプ)です。