製品情報

マイクロGC

Agilent 490マイクロGC

高速・小型ガス分析計 マイクロCG 490-GCの画像

高速・小型ガス分析計 Agilent 490 マイクロGCは、高速分析およびppmオーダーの高感度分析が行えるガスクロマトグラフです。
インジェクター、検出器、カラムが一体となったモジュールの種類が豊富にあるため、天然ガス、燃料ガスや燃焼ガスの分析計として使用できます。その他では燃料電池、ガス分析、作業環境、化学薬品分析計として使用できます。

仕様

  • 高感度µTCDを搭載し、検出限界1ppmを実現。(n-Pentane、WCOTカラム使用時)
  • 最大4台までのモジュールを搭載可能で、同時に分析も可能です。
  • 5種類のバックフラッシュモジュール(下記)を準備しています。
    Molesieve 5A 10m、Molesieve 5A 20m、PoraPLOT Q 10m、PoraPLOT U 10m、Al2O3/KCl 10m
  • データ処理用パソコンとネットワーク(LAN)接続により離れた場所でコントロール/モニタが可能です。

*マイクロGCの制御、およびデータ処理ソフトウェアとして OpenLAB CDS EZChrom compact をご用意しています。(1台制御専用のソフトウェアであり、2台以上のマイクロGCを同時に制御することはできません)

燃料電池改質ガスの測定1の画像

燃料電池改質ガスの測定1

燃料電池改質ガスの測定2の画像

燃料電池改質ガスの測定2

仕様

ガスサンプラー 注入量1~10µL(0~999msec)任意に設定可能
オーブン 30~180ºC(恒温分析)
検出器 熱伝導度検出器(µTCD)
検出限界 1ppm n-Pentane(WCOTカラム使用 R.T.15秒時)
10ppm ethane(マイクロパックドカラム使用 R.T.25秒時)
測定濃度範囲 1ppm~100%(検出限界につきましては条件により異なります)
再現性 R.S.D 0.5%以下
(Propane at 1mol%レベル WCOTカラム使用 一定温度 一定圧力時)
キャリヤーガス He、N2、Ar(供給圧力550±10kPa)純度99.995%以上
分析可能時間 600秒
通信手段 LAN(RJ45)、RS232C
電源・消費電力 AC90~130V 50-60Hz 12VDC、最大130W(Quad 180W)
設置場所 温度範囲 0~50ºC
湿度範囲 0~95% R.H.(結露しないこと)
測定試料 凝縮しないこと。
温度+5~40ºC
圧力 0~100kPa
大きさ 150(W)×300(D)×280(H)mm
Quadタイプは550(D)mm
重さ 5.2kg(2チャンネル時、内蔵するチャンネル数で変わります。)