製品情報

ガスクロマトグラフ

GC3220

GC3220の画像

GC3220

  • ⽔素炎イオン化検出器(FID)を搭載したパックドカラム専⽤ガスクロマトグラフ
    (熱伝導度検出器(TCD)を搭載したパックドカラム専⽤ガスクロマトグラフはこちら
  • 充填カラムとの組み合わせにより、炭化⽔素からアルコールなど幅広く検出可能
    (メタナイザーとの組み合わせによりCO、CO2分析も可能です。)
  • タッチパネルの採⽤により操作性が向上、ステータスの確認も容易
  • LEDライト付きの電源スイッチを前⾯に設置し、装置のON・OFF操作とON・OFFの判断をシンプル化
  • オーブンにフラップを搭載したことで、室温付近の温度制御も可能
  • DCブラシレスモーターの採⽤により、事務所にも設置できる静⾳性を実現

仕様

カラムオーブン

方式 強制循環式空気恒温槽
設定温度 0~350ºC(1℃)
ヒーター容量 0.8kW
温度上昇範囲 50ºC→350ºC 15分以下 (注入口、検出器ヒーターOFF、AC100V、室温20ºCのとき)
過熱防止機能 (1)最⾼温度の監視設定温度の上限値+20℃
(2)監視⽤温度センサーによる監視回路約400℃
温度プログラム 昇温段数最大5段、温度設定 0~350ºC(1ºC)
昇温設定 0~50ºC/min(0.1ºC/min)、プログラム時間2160分(全ステップ合計)
大きさ 200(W)×160(D)×250(H)mm

⽔素炎イオン化検出器(FID)

方式 ノズル印加電圧⽅式
感度 0.01Coulomb/g(クメン)
設定温度 0~350ºC
過熱防止機能 最⾼温度の監視設定温度の上限値+20℃
レンジ オートレンジ(デジタル信号出⼒時)、100、101、102、103、104
ダイナミックレンジ 107

注入口

注入口 D:ダイレクト注⼊⼝
I:インサート注⼊⼝
W:セプタムパージ付ダイレクト注⼊⼝
設定温度 0~350ºC
過熱防止機能 最⾼温度の監視設定温度の上限値+20℃

本体

大きさ 400(W)×420(D)×425(H)mm(突起部除く)
重さ 約28kg
電源 AC100V、50/60Hz、12A

*: カラムオーブンの制御可能な下限温度はFID、注⼊⼝温度によって変動します。
   また、室温の影響も受けますので室温+15℃以上で使⽤してください。

標準機種(キャリヤ—ガス制御方式、注入口の組み合わせ)

型式キャリヤーガス制御方式注入口入数Cat.No.価格
GC3220 DF TypeP圧力調整器仕様ダイレクト注入口1台2701-11310
NEW
980,000
GC3220 IF TypeP圧力調整器仕様インサート注入口1台2701-11311
NEW
980,000
GC3220 WF TypeP圧力調整器仕様セプタムパージ付ダイレクト注入口1台2701-11312
NEW
980,000
GC3220 DF TypeFフローコントロールバルブ仕様ダイレクト注入口1台2701-11320
NEW
1,050,000
GC3220 IF TypeFフローコントロールバルブ仕様インサート注入口1台2701-11321
NEW
1,050,000
GC3220 WF TypeFフローコントロールバルブ仕様セプタムパージ付ダイレクト注入口1台2701-11322
NEW
1,050,000
圧⼒調整器仕様 キャリヤーガスを⼀定圧で制御します。
バルブ駆動時の圧⼒変動が少ないため、恒温でのオンライン分析にお薦めです。
フローコントロールバルブ仕様 キャリヤーガスを⼀定流量で制御します。
オーブン温度に依存したキャリヤーガスの流量変動が少ないため、昇温分析にお薦めです。
ダイレクト注⼊⼝ カラムに試料を直接注⼊する注⼊⼝です。
注⼊⼝で気化した試料はすべてカラムに導⼊されます。
ガラスカラムは試料をカラム⼊⼝に直接導⼊するオンカラム⽅式、
ステンレスカラムは専⽤SUS カラムアダプターを使⽤して接続します。
インサート注⼊⼝ 試料中の不揮発性成分をガラスインサートに残留させて注⼊する⽅法で、
分析カラムの汚染を防ぐことができる注⼊⼝です。
ガラスカラムは、インサート注⼊⼝専⽤カラムを使⽤します。
ステンレスカラムは、専⽤SUSカラムアダプターを使⽤して接続します。
セプタムパージ付ダイレクト注⼊⼝ セプタムパージ機能を兼ね備えたダイレクト注⼊⼝です。
セプタムパージ機能によりセプタムからのブリードによる影響が抑えられます。
ステンレスカラムは、専⽤SUS カラムアダプターを使⽤して接続します。