製品情報

DNA精製・抽出キット

MonoFas®DNA精製キットⅠ

使用例

PCR産物の精製

  • PCR産物からのDNAが4分間で分離精製
  • フラグメントDNA(35~35,000bp)の回収率は80~95%
  • プライマーの除去率は95%以上dNTP、ポリメラーゼの除去率は100%
  • ミネラルオイルの除去不要
  • 10µLのTris-HClバッファーあるいは水で溶出
  • DNA結合能力 10µg

イオン交換クロマトグラフィーによる400bpDNAのクリーンアップ効果の比較(CIM DEAE DISK)
市販製品による精製では、プライマーが残っているが、MonoFasによる精製では、プライマーをほとんど除去できる。

イオン交換クロマトグラフィーによる400bpDNAのクリーンアップ効果の比較(CIM DEAE DISK)の図

アガロースゲルの精製

  • アガロース(TAEおよびTBEバッファー)ゲルからのDNAが9分間で分離精製
  • フラグメントDNA(35~35,000bp)の回収率は70~80%
  • 10µLのTris-HClバッファーあるいは水で溶出
  • ヨウ化ナトリウムを使わないので精製後の反応に悪影響がない
  • 1回で最大1gのゲルが処理可能

1%アガロースゲル電気泳動による精製効率比較
精製前①、MonoFas精製後②、市販製品精製後③の比較解析。市販製品に比べて、高い回収率が得られる。

1%アガロースゲル電気泳動による精製効率比較の図
精製されたPCR産物の正確なシーケンシング分析の図

製品内容

(MonoFas DNA精製キットI 50個入りの場合)

スピンカラム
50個
コレクションチューブ
50個
吸着Buffer A
30mL
洗浄Buffer B
40mL
溶出Buffer C
10mL
取扱説明書
1部

仕様

項目
PCR産物からの精製
アガロースゲルからの抽出
標準操作時間
4分間
9分間
最大DNA結合量
10µg
10µg
最大ゲル処理量
-
1 g
最小溶出量
10µL
10µL
カラム容量
1mL
1mL
DNA処理範囲
35bp~35kbp
35bp~35kbp
回収率
>90%(100bp~5kbp)
>60%(5kbp~35kbp)
>80%(100bp~5kbp)
>50%(5kbp~35kbp)
プライマー除去率
95%
-

品名SDS入数Cat.No.価格
MonoFas DNA精製キットIJPN50回分5010-2150012,000
MonoFas DNA精製キットIJPN100回分5010-2150123,000
MonoFas DNA精製キットIJPN250回分5010-2150244,000
MonoFas DNA 精製キットI用 A Buffer(50mL)JPN1本5010-215063,000
MonoFas DNA 精製キットI用 B Buffer(60mL)JPN1本5010-215072,000
MonoFas DNA 精製キットI用 C Buffer(10mL)JPN1本5010-215082,000

Based on monolithic technology, Merck KGaA, Darmstadt, Germany.

MonoFas® DNA精製キットI用スピンカラム

特長

  • シリカモノリスを用いているため、通液性が高く、液キレ性能が高い
  • 比表面積が大きく、キャパシティーが高い
  • フィルターを使用していないので、少量(10µL)溶出が可能

品名入数Cat.No.価格
MonoFas I Spin Column100本5010-2154119,000

Based on monolithic technology, Merck KGaA, Darmstadt, Germany.