製品情報

プロテオミクス関連製品

トリプシン消化チップ MonoTip®Trypsin [販売終了]

MonoTip Trypsinは、販売終了となりました。タンパク質の消化はMonoSpin Trypsin HPをご使用ください。

MonoTip Trypsinの画像

MonoTip Trypsinは、均一な連続孔を持つ『シリカモノリス』にタンパク質消化酵素トリプシンを固定化した前処理チップです。

特長

  • ピペッティングのみでトリプシン消化が行なえる
    • 従来のトリプシン消化は、低濃度のトリプシン溶液を用いて37ºCで長時間消化させる必要がありました。本製品は、恒温槽などの装置が必要なくピペッティングのみで消化できます。
  • 消化時間はわずか20分間!
    • 通常37ºCで10時間以上かかるトリプシン消化が、室温、20分間で行えます。 そのうち研究者が実際に作業する内容は、わずか2~3分間のピペッティング操作のみのため、研究効率が大幅に改善できます
  • 高い酵素活性
    • 本製品は、大きな表面積を有する『シリカモノリス』を用いており、チップ1本あたり約100µgのトリプシンが固定化されています。そのため、高濃度のタンパク質も迅速に消化することができます(上図参照)。
    • 本製品は、ウシすい臓由来のトリプシンを固定化しています。
精製操作手順の図
バッチ法とMonoTip® Trypsinの比較の図

バッチ法とMonoTip® Trypsinの比較

仕様

操作時間
20分間
試料処理量
20~200µL
チップ容量
200µL
トリプシンの由来
ウシすい臓由来
有機溶媒耐性
アセトニトリル 20%以下
モノリス
高純度ゾルーゲルシリカゲル
スルーポア径
10~20µm
メソポア径
30nm
表面積
100m2/g
化学結合基
TPCK処理済 トリプシン

注)冷蔵は、冷蔵輸送品です。別途、冷蔵梱包費¥1,000を請求させていただきます。