製品情報

プロテオミクス関連製品

Titansphere®TiO 充填剤

Titansphere TiO 充填剤の画像

リン酸化ペプチドと特異的な吸着をする二酸化チタン(チタニア)を用い、リン酸化ペプチドの精製・濃縮に最適化した二酸化チタン(Titansphereシリーズ)を提供しています。
注)東京理科大学 薬学部 中村洋先生らのご考案に基づいて製品化した充填剤です。

特長

  • きれいな球状
    • チップの先端などの細い場所にも簡単に充填できます。
  • 大きな表面積
    • 表面積が大きいため、少量でも高い回収率が得られます。
  • 広い応用範囲
    • リン酸部位を特異的に捕集できるため、リン酸化ペプチドをはじめ、リン酸化糖、グリホサートなどの精製にも応用可能です。

充填剤 仕様

粒子径
5µm、10µm
粒子形状
球状
耐圧
19.8 Mpa
吸着部骨格
二酸化チタン 結晶
細孔径
100 Å (10 nm)
表面積
100 m2/g
pH 範囲
2~12
保持容量
400ng/mg   Tyr(PO3H2)-Angiotensin II
比重
1.74

■参考文献(混合タンパク質 トリプシン消化物からのオフライン精製)

1. M. R. Larsen, T. E. Thingholm, O. N. Jensen, P. Roepstorff, and T. J.D. Jorgensen,
“Highly selective enrichment of phosphorylated peptides from peptide mixtures using titanium dioxide microcolumns”,
Molecular & Cellular Proteomics 2005; 4: 873-886.
*混合タンパク質 消化物からのリン酸化ペプチド 選択的濃縮条件の最適化及び二酸化チタンカラムとIMACカラムとの性能比較

2. Jesper V. Olsen, Blagoy Blagoev, Florian Gnad, Boris Macek,
Chanchal Kumar, Peter Mortensen, and Matthias Mann.
“Global, In Vivo, and Site-Specific Phosphorylation Dynamics in Signaling Networks”
Cell 127, 635-648, November 3, 2006.
*リン酸化を指標とした細胞内シグナル伝達の動的解析

3. Brend Bodenmiller, Lukas N Mueller, Murkus Mueller, Bruno Domon & Ruedi Aebersold.
“Reproducible isolation of distinct, overlapping segments of the phosphoproteome”
Nature Methods. Vol.4 No.3, 231-237(2007)
*IMAC、チタニア等のショウジョウバエ培養細胞中リン酸化ペプチドの吸着特性比較

4. Naoyuki Sugiyama, Takeshi Masuda, Kosaku Shinoda, Akihiro Nakamura, Masaru Tomita, Yasushi Ishihama
“Phosphopeptide Enrichment by Aliphatic Hydroxy Acid-Modified Metal Oxide Chromatography for NanoLC-MS/MS in Proteomics Applications”
Molecular & Cellular Proteomics 2007;6:1103-1109.
*チタニアを用いた、Hela細胞からのリン酸化ペプチド精製における選択的濃縮条件の最適化

品名粒子径SDS入数Cat.No.価格
Titansphere TiO5µmJPNENG500mg5020-7500042,000
Titansphere TiO10µmJPNENG500mg5020-7501042,000