製品情報

抗体精製カラム

MonoSpin ProL

mab

Protein Lは、イムノグロブリンK軽鎖(kappa light chain)の可変領域VLに対して親和性を有するタンパク質です。MonoSpin ProLは、抗体精製用のリガンドとして、KANEKA KanCapTM Lに使用しているProteinLを固定しています。K軽鎖を含む抗体ならびにフラグメントの精製が可能です。

特長

◎抗体試料の高速精製かつ高回収が可能

仕様

製品形状
スピンカラムタイプ
サンプル量
50µL~500µL
溶出液量
50µL~
抗体負荷量
200µg
操作方法
1.7mL、2mLのマイクロチューブにセットして、
遠心により精製します
所要時間
10分

形状

カラムタイプの画像

カラムタイプ

ProLの選択性

MonoSpin ProLはMonoSpin ProAでは回収ができないFab抗体の回収が可能です。

MonoSpin ProLによるFabの精製

MonoSpin ProLを用いてCHO細胞培養液から、Fabの精製を行いました。精製の前後を、MonoSelect RP-mAbカラムを用いてHPLCで測定しています。SDS-PAGEの結果からも分かるように、MonoSpin ProLではFabを精製できます。

ProLでの精製
ProL精製結果

Conditions
Column: MonoSelect RP-mAb
Eluent: A)0.08%HCOOH-0.02%TFA-H2O
    B)0.08%HCOOH-0.02%TFA-CH3CN
    A/B=80/20-2.5min-10/90
Flow rate:0.3mL/min
Col.Temp.:60℃
Detection:UV 210nm
Injection Vol.: 1μL

MonoSpin ProLによるパパイン消化サンプルの前処理

MonoSpin ProAで培養液をCHO細胞培養液を精製した後に、パパイン処理を行い、Fab領域とFc領域にモノクローナル抗体が分離していることを確認後、MonoSpin ProLを用いることでFabを回収、精製することが可能です。

メソッド
Fab精製

品名輸送区分SDS入数Cat.No.価格
MonoSpin ProL カラムタイプ冷蔵JPN6本7510-11317
NEW
35,000