製品情報

プロテオミクス関連製品

Titansphere®Phos-TiO(シリンジバレルタイプ)

Titansphere Phos-TiO(シリンジバレルタイプ)の画像

リン酸化プロテオーム解析を行う上での最大の問題は、リン酸化されているタンパク質の割合がタンパク質全体においてごく微量であるため、消化物であるリン酸化ペプチドを測定しようした場合、非リン酸化ペプチドのシグナルに埋もれてしまう点にあります。Titansphere Phos-TiO(二酸化チタン)を用い、リン酸化ペプチドを選択的に精製、濃縮することで、リン酸化プロテオーム解析が可能となります。
Titansphere Phos-TiOは、世界中の研究者に愛用され、数多くの論文に記載されています。今回、従来のチップタイプより負荷量がさらに多くなった、シリンジバレルタイプを新たに発売しました。

特長

  • リン酸化ペプチドの高選択性
  • 高収量
  • 遠心分離方法による簡単操作

仕様

使用サンプル
Tyr(PO3H2)-Angiotensin II
粒子径
10µm
カートリッジ
50mg/3mL
100mg/3mL
試料負荷量(目安)
60µg
120µg

注)最大試料負荷量は、マトリックスの状態により変化します。注意してください。

遠心分離方法

遠心分離方法の図

使用方法

コンディショニングから溶出までは遠心分離器を用い、各種溶液および試料を通液します。 また、コンディショニング溶液および溶出液は、一例として記載しています。

注)粒子径が小さいため、吸引マニホールドを用いた精製・濃縮は行えません。

使用方法の図

品名カラムサイズSDS入数Cat.No.価格
Titansphere Phos-TiO50mg/3mLJPNENG25本5010-2129084,000
Titansphere Phos-TiO100mg/3mLJPNENG25本5010-21291137,000

品名容量SDS入数Cat.No.価格
Titansphere Phos-TiO 3mLカートリッジ用乳酸溶液15mLJPNENG1本5010-212953,200