製品情報

固相抽出遠心カラム

MonoSpin® HILICカラム(NH2, Amide)

MonoSpin(モノスピン)は、均一な連続孔を持つシリカモノリスを用いた前処理用のスピンカラムです。遠心操作により、生体試料など微量サンプルの前処理を行うことができます。

特長

  • すべての操作は、遠心機による簡便な処理
  • 優れた通液性により、生体試料でも高速処理可能
  • 微量サンプルでも、希釈されずに回収可能
  • 適応性の広いカラムや選択的な精製・濃縮が可能なカラムなど官能基の選択が可能

官能基

MonoSpin® NH2

アミノプロピル基を結合したカラムです。HILICモードによる、糖鎖や親水性化合物の精製・濃縮に最適です。

MonoSpin® Amide

アミド基を結合したカラムです。HILICモードによる、糖鎖や酸性から塩基性まで幅広い親水性化合物の抽出に最適です。

形状

S型:スピンカラム

サンプル溶液量:800μLまで
溶出液量   :50~800μL

1.5mL、2mLのマイクロチューブにセットして使用します。

L型:ラージボリュームリザーバー

サンプル溶液量:8mLまで
溶出液量   :0.5~8mL

50mL遠沈管にセットして使用します。

96well型

注)官能基の種類によって対応できる形状が異なります。

MonoSpin® HILICカラム

官能基
形状
入数Cat.No.価格
NH2S型50本5010-2171024,000
NH2S型100本5010-2171141,000
NH2L型30本7510-1132324,000
AmideS型50本5010-2172724,000
AmideS型100本5010-2172841,000
NH296well型1個5010-2190143,000
Amide96well型1個5010-2190543,000

注)MonoSpinには、カラムと同じ本数の回収用チューブ(1.5mL)、廃液用チューブ(2mL)が付属しています。MonoSpin Lには回収用チューブ、廃液用チューブは付属していません。別途50mL遠沈管を用意してください。