製品情報

高速液体クロマトグラフ Primaide

高速液体クロマトグラフ Primaide

あなたの分析を支える基本的なHPLCシステム。
シンプルなデザインとフロントアクセスは、普段の分析とメンテナンス操作を支援します。

※ 「Primaide」は、株式会社日立ハイテクの日本およびその他の国における登録商標です。

Easy to Use

フロントアクセスレイアウト

カラムの取り換えや液漏れのチェックなどのユーザ操作やランプ交換などの簡単なメンテナンスは前面から行うことができます。

上下に可動できる手すり

溶離液ボトルが見やすい設計になっています。また、前面の手すりはボトル交換時には下部に下げることができます。

オプションのモジュール内蔵

脱気装置やグラジエントユニットなどのオプション品はモジュール内に内蔵できます。

シングルスウィングドア

Primaideは片側開きの扉を採用しています。設置スペースの有効活用や複数台設置に有効です。

モジュール制御とデータ処理可能なソフトウエア

ChromAssist Data StationはPrimaideシリーズを制御できます。
また、ChromasterやChromasterUltra RSも同一のソフトウエアで制御できます。
モジュール単独で使用する場合はUI-Pad(オプション)も選択できます。

System performance

送液安定性を支える技術

Primaide 1110ポンプでは、日立の倍速制御方式を継承しています。また、倍速のタイミングを最適化する技術を追加することで、ベースラインノイズや保持時間不良の一因である脈流を低減させています。

Robustness

すべてのモジュールにリークセンサを設置

万が一の液漏れを感知して処置できるようにリークセンサを設置してあります。

e-LineケーブルとUSBによる接続

日立が培ってきた技術に加え、高い審査基準をクリアした高品質なシステムは皆様の分析パートナーとして長くお付き合いいただけます。

GLP機能

水銀(Hg)ランプが内蔵されている検出器(UV検出器とDAD)では、254 nmの輝線を利用して自動校正を行います。

ケーブルや配管の取り回し

接続に使用するケーブルは安全のためのカバーで収納されます。また、溶離液と廃液の配管は専用の器具で固定されます。

主な仕様

 
吐出流量範囲
0.001 ~ 9.999 mL/min
最大吐出圧力
39.2 MPa (0.001 ~ 5.000 mL/min)
19.6 MPa (5.001 ~ 9.999 mL/min)
カラムオーブン温度設定範囲
1~65°C(1°Cステップ)
検出器
UV、ダイオードアレイ、UV蛍光
オートサンプラ
1.5 mL × 200検体

各ユニットの詳細仕様や価格については、ジーエルサイエンス株式会社へお問合せください。