製品情報

大気捕集関連製品

キャニスター濃縮導入装置 CC 2100

特長

  • 電子式圧力/流量制御(EPFC)を濃縮装置本体に内蔵し、キャリヤーガス流量の安定したコントロールにより、繰り返し性の良いデータを得ることができます。
  • 液体窒素残量監視装置を標準装備し、制御ソフトと連動してソフトウエア上に残量を表示します。
    • 液体窒素消費量の履歴を元に測定可能回数を表示します。液体窒素不足による分析ミスを減らすことができます。
  • 新型水分除去システム(MCS)を搭載し、従来品よりも検出器への水分導入量を大幅に軽減し、再現性の良い安定した連続分析を可能としました。

仕様

キャニスター接続本数 21検体(オートサンプラー搭載時)
内標導入機構 自動添加機構
クライオフォーカスモジュール -190℃~300℃
サンプル流量制御 サーマルマスフローコントローラー
(5~200 SCCM)
圧力センサー 0 ~ 400 kPa
制御 専用ソフトウェアAERO Link
(日本語対応)Windows 版
パージガス 高純度ヘリウムまたは高純度窒素
(200~500 kPa)

品名型式入数Cat.No.価格
キャニスター濃縮導入CC21001式7010-300508,800,000
試料濃縮導入装置CC21101式7010-300516,500,000
キャニスターオート サンプラーCS21201式7010-300522,300,000