製品情報

大気捕集関連製品

自動圧希釈装置 GD 2140

GD 2140

自動圧希釈装置 GD 2140

自動圧希釈装置 GD 2140は、専用ソフトを用い、だれでも簡単にキャニスターに標準ガスと希釈ガスを混合できる装置です。時間と手間のかかる手動圧希釈装置に比べ、圧希釈を自動化することで作業効率が向上します。
また、圧力の読み間違いなどを防ぐことができ、調製した標準ガスの調製ログが残るので、安心して検量線の作成を行うことができます。

特長

・圧希釈を自動化
・高濃度から低濃度まで同時作成可能
・標準ガス:3ポート、希釈ガス:4ポート接続可能
(標準ガスが1本の場合、6ポート接続可能)
・専用ソフトウエアによる簡単操作
・加圧希釈モードでは、倍率設定と圧力設定の2種類から選択可能
・リークチェック機能を搭載
・ライン洗浄機能を搭載
・バックフラッシュ機能を搭載(キャニスター接続時に使用)
・履歴より、TEPRA印刷が可能(TEPRAは標準付属品です)

仕様

接続本数 7ポート(元ガス:3、希釈ガス:4)
注)元ガス:1の場合は、希釈ガス:6
圧力センサー 0~400 kPa
制御ソフト 専用ソフトウエア GD Link
対応OS Windows 8.0以上(日本語版)32 bit/64 bit
パージガス 高純度窒素または高純度空気
供給圧力範囲 200~300 kPa
電源 AC100V、50/60Hz、3A
大きさ 280(W)×420(D)×420(H)mm
重さ 約15 kg
付属品 ダイヤフラムポンプ標準付属、加湿ボトル、ラベルライター(TEPRA)

品名入数Cat.No.価格
自動圧希釈装置 GD 21401式7010-30540
NEW
3,300,000