製品情報

化学物質総合管理システム

化学物質総合管理システム Reagent Master

Reagent Master Ver.3.0

システム構成

ReagentMaster Ver.3.0は、システムを使用する個人と管理される化学薬品をデータベースに登録し、「いつ」「誰が」「どの化学薬品を」「なんの目的で」「どれだけの量を」使用したか把握し管理することができます。さらに自動認識(RFID)技術を応用し、IDタグを貼付した試薬ビンをRFID対応の電子天秤の上に乗せるだけで試薬ビンの認識と秤量データを同時に取り込むことができます。
OSにはLinuxを採用しており、利用者の管理・試薬ビンの在庫管理・使用履歴の保存集計をDB(データベース)サーバが一元管理します。

試薬ビンの登録(入庫・出庫処理)

試薬ビンの運用にはIDタグを使用した管理とバーコードによる管理の2通りから選択できます。RFID対応の電子天秤を使用することで、試薬ビンを載せるだけで、『現在日時』・『試薬名』・『質量』を即座に測定・記録できます。

試薬管理 試薬ビンの入庫
試薬管理 試薬ビンの出庫

履歴管理機能

試薬管理機能

【(1)法に基づく毒劇物管理機能】
法規制別(消防法、毒物及び劇物、労働安全衛生法など)の保管状況を参照できます。毒劇物のみの使用履歴を表示します。

【(2)消防法集計】
危険物に焦点を当てて指定数量に対する倍数を算出することができます。倍数集計を保管庫別で確認できます。

【(3)在庫たな卸し機能】
通期の期首保管量・期末保管量・使用量・廃棄量を確認できます。貴社の在庫管理の点検にお使い頂けます。(保管点検記録表)。

【(4)毒劇物管理簿】
保管庫ごとの毒物・劇物の管理簿(月次)を出力することができます。

【(5)SDS】
インターネット環境に接続されている場合、試薬メーカーのSDSを呼び出すことができます。

ログイン方法

出庫・返却方法

保管点検記録表

システム構成

構内LANに接続し使用することで、ユーザー末端で各種検索や照会が行えます。また、インターネットに接続することで試薬情報・SDSの情報を更新することが可能です。(年間保守)

天秤は、各クライアント機に次の機種を2台まで接続できます。
(A&D・島津製作所製品対応)
●ひょう量420 g/目量1 mg(小さなビン、微量使用試薬に対応)
●ひょう量4,200 g/目量10 mg(標準)
●ひょう量6,200 g/目量10 mg(ガロンビン対応)

ReagentMaster-S

ReagentMaster -Sは、ネットワーク非対応の化学物質総合管理システムです。ログインやIDタグでの運用は、
Ver.3.0同様に行えます。また、試薬情報やSDSの情報は、3社まで事前に登録を行うことが可能です。

更新や追加については別途ご相談ください。利用者の登録は、50名まで行うことができます。
(ReagentMaster Ver.3.0 : 45,000名)

ReagentMaster Ver.3.0と同様「いつ」「誰が」「どの化学薬品を」「なんの目的で」「どれだけの量を」使用したかを把握し管理することができます。

ReagentMaster 仕様