分野別ソリューション

タンパク質精製

生体メカニズムを解明するバイオマーカーや、アレルギーの原因であるアレルゲンなど、生体機能に影響を与える分子はタンパク質であることが多くあります。これらのタンパク質の機能や構造を解析するためには、タンパク質を単離する必要があります。下記のようなLCカラムや固相カラムを用いた単離が可能です。


LCカラム

Inertsil® WP300 Diol

サイズ排除の原理を用いたカラムです。細孔径が大きいため、タンパク質など高分子の分析・分取に使用できます。


固相抽出スピンカラム

MonoSpin® C18

均一な連続孔を持つシリカモノリスを用いたスピンカラムです。
操作はすべて遠心で行うため、簡便・高速精製が可能です。


遠心分離フィルター

セントリカット

限外ろ過膜、マイクロフィルターを使用した、ディスポーザブル簡易ろ過器です。