分野別ソリューション

臨床研究

医薬品分析

様々な生体試料中の薬物分析が行われています。代表的なところでは、医薬品開発における臨床試験や、TDM(治療的薬物濃度管理)などがあります。
試料の前処理としては固相抽出が一般的に用いられていましたが、近年、分析機器の感度向上により、微量試料の固相抽出や除タンパク処理も用いられています。

臨床プロテオミクス

タンパク質の機能解析が進むことにより、疾病の原因になるタンパク質が同定されてきました。
そのタンパク質を疾病マーカーとして診断に用いようとする研究が進んでいます。

臨床メタボロミクス

臨床プロテオミクスと同様に、生体の内因性低分子化合物(代謝物)も疾病マーカーとして用いられるようになりました。このような研究では、多様な分子が対象となるため、様々な手法(GC/MS、LC/MS、CE/MS、SFC/MS)が用いられています。