製品情報

バイアルについて

オートサンプラーバイアルについて

各種バイアル

各種バイアル

ガラスバイアルは、ガラスからの不純物溶出が少ないホウケイ酸ガラスを使用しています。さらに、サンプルの吸着を防ぐために不活性処理を施したものもあります。ポリバイアルはポリエチレン製またはポリプロピレン製またはポリメチルペンテン製です。ガラスと化学反応を起こすような試料や、粘着するような試料に用います。バイアルの形状はクリンプ型、スクリューキャップ型、スナップキャップ型があります。

ホウケイ酸ガラスバイアル
膨張係数
UPSの分類
遮光性
透明ガラス
51
Type…1
なし
透明ガラス“Gold Grade”(高品質ガラス)
33
Type…1
なし
褐色ガラス
52
Type…2
あり
ポリバイアル
上限温度
透明性
滅菌方法
比重
オートクレーブ
表毒剤
乾燥加熱
放射線
PE製(ポリエチレン)
120ºC
不透明
×
×
0.95
PP製(ポリプロピレン)
135ºC
透明
×
×
0.9
TPX製(ポリメチルペンテン)
175ºC
透明
×
0.83
形状
備考
スクリュー型
標準口径(8mm)と広口口径(10mm)、9mm口径があり、褐色と透明タイプがあります。
クリンプ型
褐色と透明タイプがあります。
スナップ型
褐色と透明タイプがあります。

その他のバイアルについて

その他のバイアル
用途
微量バイアル
ガラス・不活性ガラス・ポリプロピレン製バイアルや、インサート一体型のバイアルもあります。
高回収バイアル
内底部に勾配をつけ残容量を最小限にできます。
シェルバイアル/ネックレスバイアル
PEプラグをつけられます。大量にサンプルを使用する場合に適しています。壁が薄いため、破損には注意が必要です。
ラベル付バイアル
成分名等のメモを記入できます。

スクリューキャップ型バイアルの表記について

例:12×32 mm スクリューバイアル

例:12×32 mm スクリューバイアル

サイズ :全メーカー共通、高さはビンの上部までを表します。
容量 :メーカーにより容量の表記が異なります。
National Scientific製、Chromacol製はビン上部まで。
La-pha-pack製はネックのくぼみまでの容量を表記しています。