製品情報

カラムジョイント形式

カラムジョイント形式

カラムジョイント形式の選び方

図1.デッドボリューム

図1.デッドボリューム

HPLC用カラムのジョイント形式は各メーカーによって異なります。一般的に分析カラムは、1/16インチ外径のチューブでオシネを使って接続しますが、異なるジョイント形式で接続するとデッドボリュームを生じたり、液漏れを起こしたり、配管からカラムが外れなくなったりすることがあります。特にステンレス配管など、フェラルがチューブに固定されている場合には、ジョイント形式の確認が重要です。ジョイント形式の種類は以下の表をご参照ください。

型式
オシネ
チューブ
先端長
ウォーターズオシネ型
(Wタイプ)
インチネジ
(No.10-32UNF)
3.3mm
UHPLC型
(UPタイプ、パーカータイプ)
インチネジ
(No.10-32UNF)
2.4mm
島津オシネ型
(OSタイプ)
インチネジ
(No.10-32UNF)
2.4mm
東ソーオシネ型
(Tタイプ)
インチネジ
(No.10-32UNF)
4.4mm
日本分光オシネ型
(ONタイプ)
インチネジ
(No.10-32UNF)
2.7mm
日立インチオシネ型
(HAタイプ)
インチネジ
(No.10-32UNF)
2.7mm
日立ミリオシネ型
(Hタイプ)
ミリネジ
(M6×1)