特設ページ

ジーエルサイエンスからのメッセージ

本サイトでは、JASIS2021出展にあたり、ジーエルサイエンスからお客様・販売店様へ向けたメッセージをお伝えするとともに、各種資料やコンテンツをダウンロードできるようご用意いたしました。昨今のコロナウィルス感染症の対策等でご来場できない方々におかれましても是非ご興味のある製品をご覧いただき、詳細はお気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

新技術説明会のご案内

 
時間 部屋
テーマ
11月8日 14:45~15:35 国際会議場3階 301 高マトリックス試料中微量元素分析法の開発における考え方
11月9日 10:25~11:15 国際会議場2階 国際会議室 基礎がわかれば楽しくなるGC分析!効率化のためのテクニックもご紹介
11月9日 13:40~14:30 国際会議場3階 301 分析ノウハウが役立つ!クロマトグラフメーカーが伝えたい最新フロー合成
11月10日 10:25~11:15 国際会議場2階 国際会議室 基礎がわかれば楽しくなるGC分析!効率化のためのテクニックもご紹介
11月10日 14:45~15:35 国際会議場2階 201 固相抽出カラムの基礎や使い方を解りやすく解説!食品分析セミナー

ブース information(6A-901)

ブースデザインイメージ

ブースデザインはイメージとなります。

分野別ソリューション

GC関連

ガスクロマトグラフ GC3220

ガスクロマトグラフ GC3220

GC3220は、水素炎イオン化検出器(FID)を搭載した小型のパックドカラム専用ガスクロマトグラフです。タッチパネルの採用により操作性が向上し、ステータスの確認を容易に行えるようになりました。LED電源スイッチを装置前面に設置することで、電源のON・OFFの操作や動作状況の確認がスムーズに行えるようになりました。また、オーブンファンにDCブラシレスモーターを採用することで、事務所内に設置できる程の静音性を実現しています。

GC3220製品ページ

ガスクロマトグラフ GC3210

ガスクロマトグラフ GC3210

GC 3210は、熱伝導度検出器(TCD)を搭載したパックドカラム専⽤ガスクロマトグラフです。充填カラムとの組み合わせにより、無機ガスから有機成分まで幅広く検出可能なため、多くの分野で使用できます。
タッチパネルの採用により操作性が向上し、ステータスの確認が容易に行えるようになりました。

(⽔素炎イオン化検出器(FID)を搭載したパックドカラム専⽤ガスクロマトグラフはこちら

GC3210製品ページ

ガスクロマトグラフ分取システム VPS2800

ガスクロマトグラフ分取システム VPS2800

InertSustain AQ-C18は、高度な不活性さ(Inert)と高い耐久性(Sustain)を持ちながら、一般的なODSカラムと比べて高極性化合物をより強く保持するように設計されたODSカラムです。結合間隔が最適となるようにODS基を導入することで、水100%に近い溶離液条件下における高極性化合物の保持を強められます。

ガスクロマトグラフ分取システム VPS2800製品ページ

InertCap 624 for Ethanol

⽇本薬局⽅「エタノール」「無⽔エタノール」「消毒⽤エタノール」試験の専⽤カラムです。⽇本薬局⽅に規定されているエタノール中のアセトアルデヒドとメタノールの分離度1.5以上を安定的に達成可能です。本カラムでは、通常の出荷検査レポートに加えて⽇本薬局⽅「エタノール」試験の出荷検査レポートも同封されます。⽇本薬局⽅「エタノール」試験の出荷検査レポートには、アセトアルデヒドとメタノールの分離度が記載されています。

InertCap 624 forEthanol製品ページ

GC・GC/MS用キャピラリーカラム InertCap 17MS/Sil

InertCap 17MS/Sil は、シロキサン骨格にシルフェニレンを含むため、熱安定性が非常に高く、ブリードが低いカラムです。高い耐熱性や、不活性処理方法の見直しによる不活性度の向上を実現しました。農薬や多環芳香族の分析に最適です。

InertCap 17MS/Sil製品ページ

高速・小型ガス分析計 Agilent 990 マイクロGC

Agilent 990 マイクロ GCは、コンパクトで高性能なガス分析計です。ヒートインジェクションが標準装備されました。サンプルの残留が低減し、低コンタミネーション・高精度分析を実現しています。

Agilent 990 マイクロGC製品ページ

全自動分析装置 システムガスクロマトグラフ

全自動分析装置 システムガスクロマトグラフ

40年に渡り、ガスクロマトグラフの分析技術を蓄積し、
さらに革新を続けるジーエルサイエンスは、この技術をフルオートメーション化し、
お客様のニーズに合わせたシステム構築を行います。
信頼と実績に基づいたジーエルサイエンスのシステムガスクロが
分析精度の向上と効率化を実現します。

全自動分析装置 システムガスクロマトグラフ製品ページ

LC関連

HPLC,LC/MSカラム InertSustain AQ-C18

HPLC,LC/MSカラム InertSustain AQ-C18

InertSustain AQ-C18は、高度な不活性さ(Inert)と高い耐久性(Sustain)を持ちながら、一般的なODSカラムと比べて高極性化合物をより強く保持するように設計されたODSカラムです。結合間隔が最適となるようにODS基を導入することで、水100%に近い溶離液条件下における高極性化合物の保持を強められます。

InertSustain AQ-C18製品ページ

⾼速液体クロマトグラフィー⽤カラムオーブン CO903

⾼速液体クロマトグラフィー⽤カラムオーブン CO903

低温〜⾼温分析まで対応!
HPLC分取・分析⽤⼤容量カラムオーブン CO903

【 特⻑ 】
○ 低温〜⾼温まで幅広い温度範囲に対応
  ・使用する温度範囲に合わせて2タイプから選択可能です。
  ・低温分析で使用される場合はTypeC(クーラー付)を利用してください。
  ・どちらのタイプも最大90℃までコントロールできます。

○ ⼤型カラムもラクラク収納
  ・カラム長さ500mmまで収納できます。
  ・カラム外径8~10mmは最大4本まで収納できます。
  ・カラム外径13~38mmは最大2本まで収納できます。
  *カラム内径ではなく外径です。注意してください。

○ シンプルな操作性・タッチパネル搭載
  ・タッチパネルは、視覚的に理解しやすいデザインに設計しています。

⾼速液体クロマトグラフィー⽤カラムオーブン CO903製品ページ

試料前処理関連

試料前処理製品 InertSep HLB/InertSep HLB FF

試料前処理製品 InertSep HLB/InertSep HLB FF

InertSep HLB は、N含有のビニルポリマーとスチレンジビニルベンゼンの複合ポリマー固相です。独自の合成技術により、疎水性と親水性のバランスを最適化することで、幅広い極性の化合物の保持、溶出を可能にしました。また、粒子径を60μmに大きくしたInertSep HLB FFシリーズも用意しています。20mLリザーバーのラインアップでは、試料の目詰まりを起こしにくく、通液性を劇的に改善することができます。
InertSep HLB製品ページ

固相抽出用カラム InertSep イオン交換ポリマーシリーズ

固相抽出用カラム InertSep イオン交換ポリマーシリーズ

InertSep MCX FFは、強陽イオン交換基が修飾されたスチレンジビニルベンゼンポリマー固相です。
逆相、陽イオン交換の作用を発揮し、塩基性化合物を強く保持させることで、酸性及び、中性の不純物からの回収に最適です。

InertSep MAX FFは、強陰イオン交換基が修飾されたスチレンジビニルベンゼン固相です。
逆相、陰イオン交換の作用を発揮し、酸性化合物を強く保持させることで、塩基性及び、中性の不純物からの回収に最適です。


InertSep イオン交換ポリマーシリーズ製品ページ

微量試料用前処理製品 MonoSpinシリーズ

微量試料用前処理製品 MonoSpinシリーズ

MonoSpinは、遠心によって処理が可能な試料前処理製品です。生体試料などの微量サンプルを乾固操作することなく、迅速に濃縮・精製することが可能です。サイズラインアップは、微量処理に最適なS型・最大8mLまで溶出可能なL型・多検体処理が可能な96WP型の三種類です。抗体精製用としてProteinA, ProteinG, ProteinLを固定化したMonoSpin Proシリーズもございます。低分子抗体の分析にも対応できるラインアップです。
MonoSpinシリーズ製品ページ

固相抽出自動前処理システム G-Prep FA-101

固相抽出自動前処理システム G-Prep FA-101

G-prep FA-101は、固相抽出のコンディショニングから溶出までの一連の操作を自動化することを目的とするシステムです。前処理における固相抽出で再現性や回収率を安定させるには、サンプル抽出液を含めた溶媒類の流速を正確にコントロールすることが重要です。G-Prep FA-101は、極めて正確な送液性能をもち、再現性、信頼性のある前処理に大きく貢献します。実験室の無人化へも繋げられます。
G-Prep FA-101シリーズ製品ページ

耐酸性プログラム昇温高温加熱分解システム MetaPREP® AT2

耐酸性プログラム昇温高温加熱分解システム MetaPREP® AT2

MetaPREP AT2は、最高加熱温度230 ℃まで加熱できるため、効率の良い酸分解が行えるシステムです。
DigiTUBEsやMetaTUBE PTFEに対応しています。

MetaPREP® AT2 製品ページ

その他展示品

金属表面処理 InertMask

金属表面処理 InertMask

金属表面処理InertMaskは、「吸着を防ぐ」だけでなく、「汚れを防ぐ」「撥水性を向上させる」「離型性を向上させる」など、様々なご要望に対応が可能です。お手持ちの部品などをお預かりして、お試しでの処理も実施中です。

金属表面処理 InertMask製品ページ