ジーエルサイエンス株式会社Topへ

総合カタログのメニュー一覧です。

ホーム > 製品情報 > 固相抽出・試料前処理消耗品 > 液体ハンドリングロボット

液体ハンドリングロボット

Liquid handling Robots

総合カタログ 未掲載

液体ハンドリングロボット

MICROLAB NIMBUS

STARlet
STARlet

STAR
STAR

STARplus
STARplus

【HAMILTON ® STAR 】

STAR(Sequential Transfer Aliquoting Robot)はMicrolabシリーズのフラッグシップ。マルチチャンネル搭載システムです。

特長

CO-RE技術(Compression-induced O-Ring Expansion)
Oリングの圧縮・膨張を利用したCORE技術により、気密性及び精度の高さを実現しました。
Dynamic Positioning System(DPS)
各チャンネルが独立して動くDPS方式を採用。 ヘッド間隔がランダムに開き迅速に目的位置まで移動します。
液面検知(Liquid Level Detection)
静電容量とチップ内圧検知に基づく、マルチモードの液面検知(LLD)を標準装備。両モードのLLDシステムを動作することで、溶媒の種類や容器の形状によらず、液面検知が可能です。
容量範囲
4、8、12、16の独立チャンネル、96、384、Nanoヘッドの固定チャンネルから選択。1µLから1000µLまでの分注が可能です。

Compression-induced O-Ring Expansion
Compression-induced O-Ring Expansion
(CO-RE):O-リングの圧縮・膨張によるチップ脱着
Dynamic Positioning System
Dynamic Positioning System
(DPS):独立型分注ヘッドがラボウエアに柔軟にアクセス
MAD (Monitored Air Displacement)

MAD (Monitored Air Displacement)

【MAD (Monitored Air Displacement)】

チップ内の内圧を常にモニタリングできますので、フィブリン等による目詰まりや、液量不足、泡の吸引が検知可能です。

【Air Displacement】

マニュアルピペッターと同じ構造のエアーディスプレイスメントはメンテナンスフリーでコンタミの危険性を最小限に抑えます。
CO-RE グリッパー
CO-RE グリッパー

【CO-REグリッパー】

CO-RE技術を利用したユニークなグリッパーです。2チャンネルの分注ヘッドを使用して、グリッパーを制御します。内部スタッカーや遠心分離機へのプレートの出し入れ、キャリヤー間のプレート移動、プレートや試薬タブのカバー取り外し、フィルタープレートの移動など、多目的に利用できます。
i-SWAPグリッパー
i-SWAPグリッパー

【i-SWAPグリッパー】

アームに増設するロボットハンドです。デッキ内部だけでなく、外部デバイスとのプレートの受け渡しに使用します。デッキの左側面には40mm、デッキの下部には100mmまでアクセスします。プレートを最大270度回転できます。i-SWAPを使用すると、プレートの保管、インキュベーション、バーコード読み取り、洗浄操作などをまとめて自動化できます。
バーコードリーダー
バーコードリーダー

【バーコードリーダーとオートローダー】

確実なサンプルの識別と追跡には、バーコードの読み取りが不可欠です。サンプルチューブ、マイクロチューブ、プレート、キャリヤーなどのバーコード読み取りには、オートローダーとバーコードリーダーを使用します。オートローダーは、セットされたキャリヤーをデッキ内に搬入し、バーコードを読み取ります。システムは、キャリヤーの種類と位置を確認し、サンプルを追跡します。
オートローダーは、処理の終わったキャリヤーを、デッキの外へ搬出します。設定時間になると、次のサンプルキャリヤーをデッキ内に搬入します。したがって、運転を中断することなくサンプルを補充できます。
BVSバキュームマニホールド
BVSバキュームマニホールド

【BVSバキュームマニホールド】

細かな圧力制御が可能な、2種類のバキュームマニホールドがあります。SPE、LC-MS、ゲノミクス、プロテオミクスなど、吸引操作が必要なアプリケーションに最適です。静電容量による液面検知機能(cLLD)を利用すれば、フィルタープレートの目詰まりチェックも可能です。
マルチフレックスキャリヤー
マルチフレックスキャリヤー

【マルチフレックスキャリヤー】

サンプルチューブ、マイクロチューブ、プレート、試薬タブ、チップラック、加熱冷却モジュールなどを自由に組み合わせできます。スタッカーとCO-REグリッパーを使えば、外部デバイスを使わずにチップラックとマイクロプレートを大量収納できます。コンパクトなSTARletでも、大量のサンプルを処理できます。
ジーエルサイエンス先頭へ
キャピラリーカラムのメニューリストです。

PDFファイルが開けない方は

こちらからダウンロードして下さい。

こちらからダウンロード!